当院ではLine@からご予約・お問合せが出来ます。

Line@では、予約空き状況の確認、予約が取れる、予約の変更、お得な情報、さまざまな特典が受けられますのでぜひ、ご利用ください。

WEBフォームから受付する

京都中央鍼灸整骨院 山科院

足関節捻挫

悩みタイトル

  1. 膝が痛い

     歩いているときに段差で踏み外したり、つまずいたりして足首を捻ってしまった。
     捻ったわけでもないのに歩くと足首に痛みがある。
     時々、足首に違和感がある。
     ヒールを履いた際に足首を捻りやすい。
     立ち上がる時など体重をかけると痛みがある。
     正座など足首を伸ばす状態になると痛みがでてくる。
     何もないところでつまずいたり、足首を捻ったりすることが多い。
     過去に足首を痛めてから雨の日や足首が冷えた時に痛みがでてくることがある。

  2. 足関節捻挫に対する当院の考え

    膝が痛い

    足関節捻挫とは、関節を構成している関節包や靭帯などの損傷のことを言います。足首を捻ってしまった際に靭帯や関節包に無理な力が加わり、一部が切れてしまうと違和感や痛み、ひどいときは内出血といった症状がでてきます。特に多いのは運動などで走る際やバレーやバスケなどのジャンプの着地時に多いです。また日常生活でも高さがあるヒールを履いているとき、滑りやすい場所を歩いているときになりやすいです。靭帯はケガするときにのびると表現されますが、実際にはのびることはなく、切れてしまいます。繰り返し捻挫が起きてしまうと靭帯や関節包がしっかり治らなくなり、関節の強度が低下するので何もないところでつまずきやすくなり、捻挫しやすくなってしまいます。

  3. 足関節捻挫を放っておくとどうなるのか

    膝の痛み

    足関節捻挫を放っておくと、痛みがなかなか治まらない、捻挫がクセになって捻りやすくなってしまう、雨の日や足首が冷えると痛みや違和感などがでてくる、捻ったりしていなくても歩くときに痛みがでたり、力が入らなくなったりします。また、足首を捻ってしまうことで足首の関節自体がズレてしまいます。ズレたままで生活していると膝や股関節、腰など足首以外の部分に少しずつ負担がかかり、ケガの原因になったりすることもあります。そうならないためにも普段から捻りやすい、歩きにくい高いヒールを履くことは避ける、足首を捻ったときは痛みの程度にかかわらず、しっかりと施術を受けて放置しないようにしましょう。

  4. 足関節捻挫の改善方法

    膝の痛み

    足関節捻挫の改善方法としては、まず痛めた場所のアイシングを行い、炎症が拡大しないようにしていきます。痛めた日にマッサージをしたり、お風呂に入るなど温めたりすると炎症が拡大して痛みがひどくなってしまうので、まずアイシングを行い、ズレた関節の位置を正しい位置にもどす関節矯正を行います。関節のズレをもどす、もどさないだけで捻挫の治るスピードは大きく変わってくるからです。その後はテーピングや包帯で固定を行い、安静にしましょう。あまりに痛みが強い場合は松葉杖などを使うことも必要ですが、足をつかない、歩かない生活になると足首まわりの筋肉がだいぶ弱くなってしまいます。ギブス固定が必要ない捻挫の場合は基本的にあとの生活も考えると松葉杖は使わないほうがいいケースがほとんどです。炎症がおさまってくれば、足首周辺の筋肉が固まっているのでマッサージや鍼灸施術でほぐしてあげたり、ストレッチで柔軟性を高めてあげたりして、ケガする前の元の状態にもどしていきます。

  5. 足関節捻挫の改善に効果的な当院の施術メニューは?

    明るい挨拶

    足関節捻挫の改善に効果的なメニューは6つです。1,アイシング、2,関節矯正、3,手技療法、4,鍼灸施術、5,電気施術、6,包帯固定です。まずアイシングをすることで炎症の拡大を抑えてあげることで回復するまでの期間が早くなります。その後、関節の矯正を行うことで関節のズレていることで周辺の筋肉の余計にかかっている負担をとっていきます。そのうえで電気施術、手技施術を行うことで回復量が早くなるので早期回復が見込めます。また鍼灸施術は手技では施術できない場所も施術できるのでより筋肉を緩めて痛みの緩和、早期回復につながります。最後に包帯固定を行い、日常生活でケガしている部分に負担がかからないようしていきます。

  6. その施術を受けるとどう楽になるのか

    明るい挨拶

    アイシングをすることで炎症の拡大を抑え、痛みの拡大を抑えることができます。関節矯正を行うことで身体が一番早く回復する状態にすることができます。手技療法、鍼灸施術、電気施術で筋肉の硬さを緩和し、痛みを小さくします。現時点で足首が一番が整った状態で包帯固定を行い、安静にすることで生活で関節にかかる負担、ダメージを最小限にすることで早期回復を目指していきます。特に関節がズレている状態を整える整えないだけで足首の回復量が格段に変わるので関節を整えることは大切です。

  7. 改善するための治療頻度はどのくらいか

    明るい挨拶

    まずケガした日にちゃんとした処置ができたかがその後の治り具合に大きく関わってくるのでケガした日に施術を受けるようにしましょう。次回以降は少しでも早く改善したいのであれば、最初の週はなるべく詰めてきて頂いたほうがいいです。どれだけ生活に気を付けていても体に負担は溜まっていきます。なるべく負担がない状態で施術を受けることが早期改善、早期回復につながるので2日に一回、3日に一回施術を受けられるのがベストです。足関節捻挫は後々、症状が残ったり、不安感や違和感が残りやすいケガです。そうならないように根本的に改善していきましょう。

▲ページの先頭へ戻る

京都中央鍼灸整骨院 山科院のご案内

【住所】〒607-8145 京都府京都市山科区東野八反畑町58−140【電話】TEL:075-202-3953

院景観

受付時間 土・祝
9:30~13:30 9:30~14:00
16:00~20:30 16:00~18:00

祝日は曜日に準じます


当院までの地図

地下鉄東西線「椥辻駅」から徒歩8分

詳しい案内は「所在地・地図」で
ご覧になれます。

東野舞台町、西野大鳥井町、東野中井ノ上町など広く地域の方にお越しいただいております。

当院について

当院のこだわり

スタッフ募集

クレジットカードがご利用いただけます。

ご年配の方、女性の方も気軽に入れます

京都中央鍼灸整骨院 山科院には京都府京都市内の東野舞台町、西野大鳥井町、東野中井ノ上町などの地域から多く来院されています。

混雑状況テーブル

▲ページの先頭へ戻る