悩みタイトル

野球をしていてボールをたくさん投げた時の肘の痛み
テニスでバックハンドでボールを打った時の肘の痛み
日常生活の中で家事をしていて高いものを取ろうとした時の肘の痛み
生まれたての可愛い御子様を長時間抱っこしていた時の肘の痛み
仕事中に重いものを持ち上げて肘を多く使った時の痛み
筋トレ中に腕立てをしていて急に痛くなってしまった肘の痛み

スポーツや日常生活や子育てや仕事で上記のような肘の痛みはありませんか?

肘の痛みに関する当院の考え

当院の肘の痛みに関しての考えはいくつかありますが大きく2つのパターンに分けて説明をさせていただきます。
まず1つ目の考えとしては、急性期に起こる肘の痛みです。
急性期で起こる肘の痛みとして考えられるものの1つでテニスでよく起こると言われれている外側上顆炎(テニス肘)と言われるものがあります。
こちらの外側上顆炎は肘を瞬間的に動かして痛みが出るもので痛みの前兆がなく急に痛みが出るものを指します。

続いて2つ目の考えとしては、慢性期に起こる肘の痛みです。
慢性期で起こる肘の痛みとして考えられるもので変形性肘関節症があります。
こちらの変形性肘関節症は繰り返し肘を動かすことで起こるもので徐々に痛みが出て日々の積み重ねで起こるものを指します。当院では主に急性期と慢性期の2つで肘の痛みに関しては考えています。

肘の痛みを放っておくとどうなるのか

まず先程の当院の考えの部分でも触れた急性期の場合の痛みを放っておくと痛みが強くなり肘の炎症や熱感と言った急性期の症状が悪化します。
悪化することにより肘の動きが制限せれるためスポーツや仕事をしたくても肘の痛みが強く、思うように動かすことができずスポーツや仕事ができないということが起こります。

慢性期の場合は肘関節の変形が起こり痛みが続くだけではなく見た目も変化することにより美容上の問題や関節を動かしていく上での不自由さが出ます。
また、治したいと思った頃には手術と言ったこともあります。

肘の痛みの解消方法

まず肘の痛みが出たら放って置かないことが1番大切です。
痛みは身体から出る大切なサインなのでここを無視して放っておくと痛みが強くなり、大事に至ることがあります。
急性期の痛みでお伝えした炎症症状や熱感と言った身体が熱くなっている時は家庭にある氷や保冷剤等を使用し痛みのあるところ冷やしてください。
逆に痛みのある場所が冷えていたり熱くない場合はカイロや温めるものを使用して痛みの出てる部分を温めてください。
痛みが落ち着いたら接骨院や整骨院などの専門家のいるところに行きしっかり肘を診て頂いてください。

肘痛軽減のためにオススメする当院の施術メニューとは

オススメなメニューは「鍼療法」です。鍼療法を行うと筋肉の内側までしっかりと緩める事ができます。また肘のしびれなどは神経が筋肉に圧迫されてしびれています。鍼療法では鍼を神経の近くまで打つことができるので神経症状もしっかりと軽減、施術できるからです。鍼療法となると皆さん怖がることがありますが基本的に痛みはほとんどないです。痛みがある場合は、硬くなっている筋肉が緩むときに少し重いひびきが出る程度です。肘を曲げたり伸ばしたりすることはなく、一番楽な体勢で施術ができるので安全かつ患者様の身体になるべく痛みがでないようにするためには鍼療法がオススメです。

その施術をうけるとどう楽になるのか

鍼療法を受けると筋肉の内側までしっかりと緩める事が出来るので、より効果が実感されます。特に肘の痛みに関しては手首を伸ばしたり曲げたりする筋肉が硬くなってしまたり、筋肉の使いすぎにより炎症が肘にまで及んでいる場合がありますがその筋肉をしっかりと緩める事により肘の痛みが減少していくので鍼療法はオススメです。また、肘から腕にかけてのしびれ等も筋肉によって神経が押しつぶされている為、筋肉の内側までしっかりと届かせるためにも鍼療法は他の施術よりも効果が期待できます。肘のしびれ、腕のしびれも施術をしていくためには鍼療法が当院ではオススメです。

軽減するための施術頻度は

当院の考える頻度としては急性期の施術は最初の1ヶ月〜3ヶ月がすごく重要だと考えています。
その為、その間は来れる日は感覚を開けずに毎日来ていただくことが痛みの早期軽減につながると考えています。

 

毎日が難しいという方でも週に2回〜3回は必ず来ていただくことお伝えをして痛みの軽減に努めています。